会社設立の代行

税理士会社を設立するとなるとさまざまな手続きが必要となります。規模の小さな会社でもいろいろな書類を作成しなくてはなりませんし、提出する書類も多くなりますから時間と手間がかかるのは仕方のないことでしょう。会社の設立自体は自身でもできますが、実はこうした会社設立も税理士に任せたほうがスムーズに事が進みます。

先ほど税理士の仕事は税金に関わることすべてであるというお話をしましたが、実は会社設立代行も税理士の仕事です。と言っても、税理士によって業務領域は異なりますし、会社設立代行をあまりしていないという税理士がいるのも事実です。逆に、会社設立代行に強い税理士もいますから、会社の設立を検討しているのならこうした税理士に一度相談すると話が進みやすいです。

具体的に会社の設立代行ではどのようなサービスを提供してくれるのかということですが、これも税理士によってまちまちです。一般的には税務届出書の作成から手続きまでを行っていることが多いです。どこからどこまでがサービスに含まれているのかというのは税理士事務所によって変わってきますから、事前に確認をしておいたほうが良いでしょう。いくつかの税理士事務所でチェックしてください。

税理士の主な業務

ここでは具体的に税理士がどのような業務を行っているのかについてお話したいと思います。すでにお話したように税理士は税金に関わるエキスパートで、個人や企業をクライアントとしてサービスを提供しています。実際のところどのような業務をしているのかというと、一つに税務代理が挙げられます。

書類税務代理は税理士の仕事の中でも主だったものの一つですし、ほぼすべての税理士が税務代理を業務として行っています。これは納税者の代わりに税金の申告を行うことによって対価を受け取っています。また、税務署に提出する書類はいろいろとありますが、この税務署に提出する書類を作成するのも税理士の仕事です。税務書類の作成は素人には難しいですし時間も手間もかかります。そこで税理士の出番というわけです。

税務相談も税理士の代表的な業務の一つと言えるでしょう。確定申告の時期に税務署で税金の払い過ぎや不明点などの相談に応じるのも税理士の仕事なのです。クライアントから個別に相談を持ち掛けられることもありますし、納税に関するさまざまなアドバイスも行います。ここでご紹介した業務内容は税理士の仕事でも代表的なものですから、税理士の仕事に興味がある方はぜひ覚えておいてください。

税理士の仕事とは

士業と言えば弁護士や行政書士といった職業が思い浮かびますが、税理士も代表的な士業の一つです。税金に関するプロフェッショナルとして知られる税理士の仕事は多岐にわたりますが、具体的にどのような仕事をしているのか知らないという方も多いのではないでしょうか。そもそも、どうすれば税理士になれるのかについてもご存じないという方がほとんどだと思います。税理士は国家資格ですから国家試験に合格しないとこの仕事に就くことはできません。

ペン税理士の試験は国内でもかなり難関と言われていますし、社会人が片手間に勉強してなれるようなものではないでしょう。少なくても3000時間、多ければ6000時間ほどの学習が必要とも言われています。そんな税理士の仕事は税金に関わることですが、主に個人や中小企業の税金に関するサポートを行うことが業務となります。個人の方だけを相手にしているような税理士もいれば、企業のみをクライアントとしているような税理士もいます。

このサイトでは、税理士の仕事についてもっと知りたいと考えている方のためにさまざまな情報を集めてみました。税理士が実際にどのような仕事に携わっているのか、税務相談や会社設立代行とはどのような業務なのかといったことにも触れていますから、興味を持たれている方はぜひ最後まで目を通してください。将来税理士になりたいという方はもちろん、今後税理士に仕事を依頼しようと検討している方にも有益な内容となっています。