税理士の主な業務

ここでは具体的に税理士がどのような業務を行っているのかについてお話したいと思います。すでにお話したように税理士は税金に関わるエキスパートで、個人や企業をクライアントとしてサービスを提供しています。実際のところどのような業務をしているのかというと、一つに税務代理が挙げられます。

書類税務代理は税理士の仕事の中でも主だったものの一つですし、ほぼすべての税理士が税務代理を業務として行っています。これは納税者の代わりに税金の申告を行うことによって対価を受け取っています。また、税務署に提出する書類はいろいろとありますが、この税務署に提出する書類を作成するのも税理士の仕事です。税務書類の作成は素人には難しいですし時間も手間もかかります。そこで税理士の出番というわけです。

税務相談も税理士の代表的な業務の一つと言えるでしょう。確定申告の時期に税務署で税金の払い過ぎや不明点などの相談に応じるのも税理士の仕事なのです。クライアントから個別に相談を持ち掛けられることもありますし、納税に関するさまざまなアドバイスも行います。ここでご紹介した業務内容は税理士の仕事でも代表的なものですから、税理士の仕事に興味がある方はぜひ覚えておいてください。