会社設立の代行

税理士会社を設立するとなるとさまざまな手続きが必要となります。規模の小さな会社でもいろいろな書類を作成しなくてはなりませんし、提出する書類も多くなりますから時間と手間がかかるのは仕方のないことでしょう。会社の設立自体は自身でもできますが、実はこうした会社設立も税理士に任せたほうがスムーズに事が進みます。

先ほど税理士の仕事は税金に関わることすべてであるというお話をしましたが、実は会社設立代行も税理士の仕事です。と言っても、税理士によって業務領域は異なりますし、会社設立代行をあまりしていないという税理士がいるのも事実です。逆に、会社設立代行に強い税理士もいますから、会社の設立を検討しているのならこうした税理士に一度相談すると話が進みやすいです。

具体的に会社の設立代行ではどのようなサービスを提供してくれるのかということですが、これも税理士によってまちまちです。一般的には税務届出書の作成から手続きまでを行っていることが多いです。どこからどこまでがサービスに含まれているのかというのは税理士事務所によって変わってきますから、事前に確認をしておいたほうが良いでしょう。いくつかの税理士事務所でチェックしてください。